野菜と果物を洗って、むいて、切って、ミキサーに入れてスイッチオン!

こうしてできたグリーンスムージーは、
すぐ飲まないと上に上澄み、下に濃い部分…と分離してきてしまいます。

分離してしまうとあまりおいしくないので、
これを防ぐために、水筒に入れて振りながら飲む、という方法もあるのですが、
細かな野菜や果物のつぶつぶが、水筒のパッキンの間に入り込んでしまい
洗うのも一苦労なのが悩みの種でした。

そこで、多くの方が愛用しているのが、パウダータイプのグリーンスムージーです。
シェイカーに入れて振るだけなので、誰でも失敗なく泡立つグリーンスムージーが作れるのですが、
最近はパウダータイプも進化してきて、
プラスアルファの嬉しいおまけがいろいろついてくるようになりました。

パウダータイプのいろいろなメリット

砂と石を水に入れて混ぜたら、混ざりません。
土と砂でも、石よりはましですが、沈むときに、やはり分離します。
均一に混ざる、ということは、粒子の大きさがほぼ同じということです。
これは、そのグリーンスムージーを作る会社の技術によるところが大きいです。

均一の大きさに粒子を細かくできれば、最初の一口と最後の一口で味が違うということはありません。
最後まで味が変化せず、均一に混ざることで、美味しさが最後まで変わらないという効果があります。

また、同じ大きさなら混ざりやすいので、
コラーゲンなどの美容成分も、一緒に混ぜることができます。
食物酵素や美容成分、あるいはグルコマンナンのような食物繊維は、一般家庭では混ぜることは困難です。
別々のもので摂取しないといけません。

忙しい現代人にこの手間を省き、最小限の手間で最大限の効果をえられるようにしたのが、
パウダータイプのグリーンスムージーです。

細かい粒子のメリットは?

野菜だって、果物だって、そのまま食べても効果は一緒です。
それなのに、ミキサーでもブレンダーでもパウダータイプでも、必ず粉砕されていますよね。

これはなぜでしょう?

グリーンスムージーが健康に良いといわれているのは、栄養が豊富だからだけではありません。
粉砕することによって、消化の負担を減らすからです。
消化の負担を減らすことによって、ダイエットに必要な、
細胞レベルの老廃物排出などを担う「代謝」の働きを高めるために、わざわざ細かくしているのです。

食物を細かくするのは、歯だけではありません。
胃も、その役割を担っています。
細かくなっていれば、胃の負担を減らせます。
また、小腸や大腸での栄養の吸収もうまくいきます。
パウダータイプは、ブレンダーやミキサーに比べて、より細かい粒子になります。
このため、消化の負担を、より減らし、代謝に比重を置くことによって、さらにダイエット効果が期待できるのです。

アレンジ自在のパウダータイプ

パウダータイプのもう一つのメリットは、アレンジが自由だということです。
水と一緒にシェイカーで振らなくてもいいのです。
ヨーグルトやアイスクリームにかけたり、
ホットケーキや卵焼きに混ぜたりする人もいます。

人は、さまざまです。

毎日判で押したように決まった形で決まったものを食べるのが好き、という人もいれば、
どんなにおいしいものでも、毎日だと飽きてしまうというタイプの人もいます。

決まったものを食べるのが好き、毎日の習慣が苦にならないという方は、最小の手間で飲めるグリーンスムージーを、
毎日だと飽きてしまうタイプはアレンジ自在のグリーンスムージーを…というように、
パウダータイプのグリーンスムージーはさまざまなタイプの人に受け入れられています。

ダイエットの「通」の方にも、また、自分はどんなタイプかわからない初心者の方にも、
パウダータイプのグリーンスムージーはおすすめです。

グリーンスムージー最新ランキング bnr01