グリーンスムージーは野菜や果物が多いせいか
体が「冷える」イメージをもっている方も
多いのではないでしょうか。

確かに夏場はなんかは体温を下げるのにも良いかもしれないのですが
冬場などはどうしても冷たいグリーンスムージーは体を冷やしてしまう事もあります。
これは冷え性の人にはちょっとつらいですよね。

でも、ちょっとしたアレンジでグリーンスムージーは
冷え性にも効くんです。

今日は冷え性の方におすすめのアレンジレシピを紹介します。

生のグリーンスムージーだと冷えが気になる方には
ホットグリーンスムージーのレシピも紹介します。

165822

冷え性の方にオススメ!グリーンスムージーのオリジナルレシピ

自作する場合はいつものグリーンスムージーに体を温めるスパイス
「生姜」「シナモン」を入れましょう。

生姜は1~2片を皮ごとみじん切りにして入れます。

生姜のピリッとした辛みを消すには、バナナが最適です。

バナナだけでは甘すぎるので、レモンを加えるのがコツです。

シナモンは粉をひと振りして使います。リンゴととても相性が良く、アップルパイのような風味になりますよ。

野菜は、体を温める根菜が冷え性に向いています。

すりおろしたりみじん切りにしたニンジンが一番使いやすいです。

夏や暑い時期が旬の果物や野菜は体を冷やすので
「キュウリ、トマト、桃」などは冷え性対策には使わないようにしましょう。

176815

ホットなら冷えなくて安心!ホットグリーンスムージーのレシピ

ホットグリーンスムージーなら、始めから温かいので安心して飲めますね。

夏の暑い季節にはちょっと辛いですが冬は体もあったまるしダイエット美容効果も得られるし
一石二鳥ですね♪

この場合粉末のグリーンスムージーがすごく便利になってきます。

まず市販の粉末のパウダーを用意します。
それをいつもの水や牛乳を温めて溶かして飲みます。
これだけですw

暖かい水やホットミルクに変えるだでもしっかりとおいしく飲めますし
冷たいものと効果も全く変わらないので冷え性の方や冬の寒い時期なんかにお勧めの飲み方です。

更にホットグリーンスムージーにおすすめな飲み方が!

118849

体を温める効果があるカカオですが、これを使います。
ココアパウダーを用意して小さじ1ほど加えてみましょう。
ここでは糖分を多くとってしまったら意味がありませんので
必ず砂糖不使用の物を使うようにしてください。
バナナとの相性も抜群ですよ♪

鍋で温める場合は、生姜と甘酒を加えたグリーンスムージーがおすすめ。
体の芯からぽっかぽかになりますよ♪

グリーンスムージーカスタマイズ!最初からスープにしちゃう方法もあります。

182196

粉末のグリーンスムージーと牛乳を鍋に入れ、チキンスープのもと、ゴマや干しエビ、しらす、塩胡椒などで風味付けします。
自作の場合は生臭くなってしまいますのでフルーツは入れない事をオススメします。

いかがでしたでしょうか。

冷え性の方はグリーンスムージーに生姜やシナモン
ココアパウダーを入れることで体を温めることができます。

このブログで公開しているグリーンスムージーは味もおいしく
無難な味が多いのでアレンジにも向いています。
特にアレンジするのであれば
ランキングで1位に選んでいるミネラル酵素グリーンスムージーが向いていると
個人的には思います。
逆にグリーンベリースムージー等、ベリー系の物はキツイと思いますww

詳細は公開していますのでアレンジして
自分だけのお気に入りブレンドを見つけてみてくださいね。

グリーンスムージー最新ランキング bnr01