1週間の買物量は?通販のグリーンスムージーをオススメする理由

細胞のレベルからすっきりきれい!を実感できるグリーンスムージーですが
「スムージーしばり」といわれるルールをめんどくさいと感じる方も多く
同じ食材準備でも、単品だけを食べる「それだけダイエット」
などと比べるとかなり挫折者が多いことでも有名です。

それでは順番に説明していきます。

097567

計ってみました、1週間の買物量

毎日スーパーに通っていますか?よほどスーパーに近い専業主婦や
スーパーが仕事からの帰り道(できれば家の近く)にある人しか
毎日のお買い物は無理ですよね。
しかも、スーパーには閉店時間があります。
閉店時間に仕事から帰ってこなくてはなりません。

それはとても非現実的なので、たいていのグリーンスムージー実践者は
週に一度の買い物でグリーンスムージーの材料1週間分を買ってしまう方法を推奨しています。

1週間分の、たとえばりんごと小松菜メインのグリーンスムージーを作るとして
1人分を1週間買ったときの買物量を計測してみました。

リンゴ4個、グレープフルーツ、オレンジ、小松菜、
アボガド、マンゴー…トッピングとして指定されていた、リンゴ酢も買ってみました。

お会計は2891円。マンゴーが少し高かったです。
また、バナナ1本と本には書いてありましたが
バナナはもちろん1本単位では売っていません。

そして、総重量は4.1キログラム。
リンゴ酢を抜いても3.5キログラム。
普通の買物でこのほかに食材を買おうと思ったらすごい事になってしまうのは一目瞭然ですね。

168696

グリーンスムージーしばりとは?

グリーンスムージーしばりも挫折者の多い理由です。

・常温

酵素を効率よく吸収するためと、冷たいものを飲むと胃腸に負担がかかるので、
常温がすすめられています。なので、果物は前の日の晩に冷蔵庫から出し、常温に戻さなければいけません。

・皮ごと

グレープフルーツやオレンジやバナナなど、皮の厚いものはもちろん皮を剥きますが
野菜などは皮ごとが推奨されています。栄養分は皮と実の間に多く含まれているため、
皮をむいてしまうと、肝心の栄養分が失われてしまうものが多いため、
たくさんの栄養素を取りたいグリーンスムージーには皮ごと入れるのが普通です。

ところが、皮と実の間は、一番農薬や化学肥料の成分がたまりやすい場所でもあるのです。
野菜は、吸収した栄養素をそこにためる性質があるからです。
化学肥料なども、野菜に吸収された分はそこにたまります。
このため、皮は厚めに剥いた方が農薬が体に入らない、という言い方をします。

これを防ぐには、有機栽培の野菜を手に入れなければいけません。

・できたて

グリーンスムージーは、基本、作り置きは進められていません。
時間がたつと、フレッシュな酵素がどんどん失われてしまうからです。
また、味も変質します。リンゴや桃などを使うスムージーですと、
一般的にレモン汁も入れるレシピになってはいますが、朝作って昼頃になるとやはり変色してしまいます。

また、やはり作り立てのほうがおいしいので、これは納得できます。

186168

もっと気軽にグリーンスムージーを利用したい!

世の中はマメな人ばかりではありません。しかし、グリーンスムージーというのは、
消化を助ける食物酵素が大量に含まれていて、便秘解消に必要不可欠な食物繊維も、
毎日のキレイを作り出すのに必要なビタミン類も栄養素も、すべて含まれているすばらしい食品なのです。

消化作用を助けることは、日ごろ酷使されている胃や腸を休ませ、活性化させることにもつながります。
また、一杯にたくさんの栄養素が詰まっていますので、
これで食事の代わりになるような一面もあり、満腹感も得られるのでダイエットに使う方も多いのです。

アメリカでは家電の普及とともに始まったといわれているグリーンスムージーですが、
やはりこのような「めんどくさい」に対応して、
通販で買える粉状のスムージーが広まりました。

日本に上陸して市民権を得たのはほんの数年前ですが、
爆発的に売り上げを伸ばし、リピーターも多く、
あっという間に知らない人はいないほどの健康食品になりました。

手軽に、気軽にグリーンスムージーの効果を体感できる通販で、細胞からのキレイを実感しましょう。

グリーンスムージー最新ランキング bnr01