青汁の原材料でもあるケール。
ケールは苦味があるんですよね~~。
ケールは好き嫌いがあると思うんです。

青汁が不味いのもケールが原因かも?
最近の青汁は大麦若葉を原材料にしていますね。飲んでも不味かったです(汗)
やっぱり私にはグリーンスムージーが合っているようです。

健康志向が高いアメリカ人が好むケールのその効果

上記のとおり青汁の原材料でもあるケール。
グリーンスムージーの発祥はアメリカなんです。
そんなアメリカ人がケールを好む理由は含まれている栄養にありました。

▲ケールに含まれている主な栄養素
食物繊維
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
ミネラル
スルホラファン
カルシウム
▲ケールの効力
ガン抑制効果
抗酸化作用
血糖値低下
免疫力アップ

ケールの苦味に「イソチオサイアネート」という物質です。
イソチオサイアネートはアメリカの研究機関でガン抑制効果があるとわかったのです。
この成分は植物が虫に食べれないように身を守る防衛策ような働きをするんです。
人間の最大な害はガンですから、ガン細胞を作らせない防衛策がとれるわけです。

妊活にも良いケールの秘密

グリーンスムージーが日本に入ってきて、ケールのような苦味のあると
野菜でも果物と一緒にスムージーにするため、飲みやすくなりました。

ケールは妊活にも一役買っているんです。

ケールのグリーンスムージーを飲むと妊活に良い!ってご存知でしたか?
たまごクラブなどの育児系雑誌に紹介された「葉酸」が含まれているからです。

葉酸は厚生労働省推奨のビタミンB群。
1日摂取量400μgと決められいます。

葉酸が141μgと含まれているのはケールだけなんです。
葉酸が野菜で摂れることで、注目されているんです。
妊活は妊娠しやすくする体を作るのが目的ですよね?

葉酸を摂ると受精しやすくなるんです。
卵巣の機能を守る働きをする作用があるんです。
ケールを苦味関係なく摂る方法がグリーンスムージーというわけです。

ケールで作るグリーンスムージーは妊活から授乳まで摂ると尚よし!

ケールはガン抑制と妊活にも良いと書きました。
できれば妊活から授乳までケールのグリーンスムージーを摂ってほしいんです。

ケールに含まれているのは葉酸は受精しやすくすら働きの他に
胎児を作る細胞分裂の正常化する働きがあり
異常な細胞を作りにくくすることが研究でわかったんです。

流産のリスクも低下する効果や、血液を作るヘモグロビンの増加や貧血予防。
つわりの緩和など妊婦さんの負担が軽減する効果もある葉酸。
簡単にグリーンスムージーで摂れるのは嬉しいですね。

葉酸については、母子手帳や厚生労働省のホームページに
その重要性が記載されています、よろしかったらご覧になってください。

サプリメントで摂れる葉酸をなるべく野菜で摂りたい。摂るならケールです。
味のことを考えるとグリーンスムージーで飲むのが一番なんです。

まとめ
ケールで作るグリーンスムージーの良い点はガン予防と妊活

妊活から授乳中の女性に必要な成分葉酸をたくさん摂れるのはケール
参考サイト たまひよ妊活
妊婦さんの負担を減らす葉酸を野菜で摂る方法はグリーンスムージーで摂ること

グリーンスムージー最新ランキング bnr01