ダイエットのために炭水化物を断つ必要はありません。
これはアスリートの食事を参考にしたダイエット方法です。
アスリートといってもプロの選手の食餌法を真似するのではありません。

感覚としてはジュニアアスリートや部活生のためのものに近いでしょう。
炭水化物というのは運動によりエネルギーとして消費されます。
つまり、運動するならばその運動に見合った分だけの炭水化物を摂って大丈夫なのです。

そして大事なのは運動後にタンパク質を必ず摂るということです。
タンパク質というのは筋肉の形成と修復に欠かせない栄養素です。
筋肉がつくと太る(太って見える)と心配していませんか?
それは間違いです。

筋肉がつくと、その筋肉はその状態を維持しようとします。
それこそが代謝と呼ばれるものです。

代謝がよくなることにより、体はエネルギーを必要とします。
要するにあなたがじっとしていても(寝ていても)
体が勝手にカロリーを消費しているのです。

アスリートは体を大きくするために筋肉をつけて代謝を上げ、
さらに筋肉が消費する以上の栄養を摂ることを繰り返し行っています。

もちろんダイエットでほっそりとした体を手に入れるためには
そこまでしてはいけませんが、代謝を上げ、
起きて運動を頑張っている以外の時間にも痩せるために
体を働かせることで効率よくダイエットすることができます。

大事なのは運動前と運動後に摂る栄養素を間違えないことです。
運動前の炭水化物&運動後のタンパク質です。

グリーンスムージー最新ランキング bnr01